東京大空襲

2015年1月に付記を付けた増補版を出版
昭和20年3月10日。一夜のうちに東京の下町一帯を焼け野原に変え、8万人にのぼる死者で街や河を埋めた東京大空襲の惨状――。自身被災者でもある著者が、生きのびた人々を訪ね、戦後25年のあいだ埋もれていた記憶を再現しつつ、無差別絨緞爆撃の非人間性を暴き、庶民にとって戦争とは何であったかを訴える。

著者:早乙女勝元
発行:岩波新書
発行年月日:1971年1月28日
定価:780円+税 販売価格:800円
ページ:新書版 232P
ISBN:4-00-415021-3


東京が燃えた日

四十余年前、東京はアメリカ軍の爆撃で全市街の半分以上が焼け、十何万人もの人命が失われました。他の主だった都市も同様に爆撃を受けました。当時、中学生だった早乙女さんは、恐ろしかった空襲の夜を想い起こし、克明に資料を集め、生き残った人々の話を聴きなどして、東京が燃えた日々をくわしく再現しました。

著者:早乙女勝元
発行:岩波ジュニア新書
発行年月日:1971年1月28日
定価:820円+税 販売価格:850円
ページ:新書版213P
ISBN:4-00-500005-3


写真版 東京大空襲の記録

四十余年前、東京はアメリカ軍の爆撃で全市街の半分以上が焼け、十何万人もの人命が失われました。他の主だった都市も同様に爆撃を受けました。当時、中学生だった早乙女さんは、恐ろしかった空襲の夜を想い起こし、克明に資料を集め、生き残った人々の話を聴きなどして、東京が燃えた日々をくわしく再現しました。

著者:早乙女勝元
発行:新潮文庫
発行年月日:1984年7月25日
定価:520円+税 販売価格:500円
ページ:文庫版213P
ISBN:4-10-147504-2


図説 東京大空襲

小松崎茂ほか原体験者の絵画と未公開写真で再現する東京大空襲の実相。
日米・国立公文書館の秘蔵写真400余点、一挙公開。戦争と平和の問題を考える
小・中・高校のサブ・テキストにも最適。

著者:早乙女勝元
発行:河出書房新社
発行年月日:2003年8月30日
定価:1800円+税 販売価格:1800円
ページ:158P
ISBN:978-4-309-76033-9


絵本 東京大空襲

1945年3月10日,米軍B29の大編隊が東京を襲った。炎の夜の恐怖を、ようやく生きのびた作家と画家が描いたドキュメント。

作者:早乙女勝元
画家:おのざわ・さんいち
発行:理論社
発行年月日:1978年初版
定価:1600円+税 販売価格:1600円
ページ:60P
ISBN:4-652-02001-5


ハロランの東京大空襲

ハロラン氏は、米軍のB29爆撃機で日本の爆撃に参加。打ち落とされ、捕虜として東京で大空襲を体験しました。動物園で見世物にされたというハロラン氏に、著者はどこでどんな体験かなど疑問をぶつけていきます。やがて戦災資料センターを造る著者へハロラン氏から小切手が。戦争の根深さと平和への希望を伝える記録文学。

著者:早乙女勝元
発行:新日本出版社
発行年月日:2012年2月1日
定価:1400円+税 販売価格:1500円
ページ:190P
ISBN:978-4-406-05558-1


センターで販売している早乙女勝元著作・編集本
書  名 出版社 販売価格
空襲被災者の一分 本の泉社 1,300円
下町っ子戦争物語 東京新聞 1,300円
平和のための名言集 大和書房 1,900円
ゆびきり 新日本出版社 2,000円
私の東京平和散歩 新日本出版社 1,600円
東京空襲下の生活日録 東京新聞 1,600円
わが母の歴史 青風舎 1,700円
あこよ つまよ はらからよ 青風舎 1,500円
螢の唄 新潮文庫 550円
赤ちゃんと母の火の夜 新日本出版社 1,500円
その声を力に 新日本出版社 1,700円
プラハの子ども像 新日本出版社 1,900円