兵士たちの戦後史ー戦後日本を支えた人びと

アジア・太平洋戦争を戦った兵士たちは敗戦後、市民として社会の中に戻っていった。戦友会に集う者、黙して往時を語らない者……戦場での不条理な経験は、彼らのその後の人生をどのように規定していったのか。「民主国家」「平和国家」日本の政治文化を底辺からささえた人びとの意識のありようを「兵士たちの戦後」の中にさぐる。

著者:吉田裕
発行:岩波現代文庫
発行年月日:2020年2月14日
定価:1540円+税 販売価格:1500円
ページ:A6 382P
ISBN978:978-4-00-600416-3


日本軍兵士ーアジア・太平洋戦争の現実

310万人に及ぶ日本人犠牲者を出した先の大戦。実はその9割が1944年以降と推算される。本書は「兵士の目線・立ち位置」から、特に敗色濃厚になった時期以降のアジア・太平洋戦争の実態を追う。異常に高い餓死率、30万人を超えた海没死、戦場での自殺と「処置」、特攻、体力が劣悪化した補充兵、靴に鮫皮まで使用した物資欠乏……。勇猛と語られる日本兵たちが、特異な軍事思想の下、凄惨な体験を強いられた現実を描く。アジア・太平洋賞特別賞、新書大賞受賞

著者:吉田裕
発行:中公新書
発行年月日:2017年12月25日
定価:820円+税 販売価格:800円
ページ:新書版 228P
ISBN978:4-12-102465-7


あのとき子どもだった―東京大空襲21人の記録

センターを拠点に空襲体験をお話している21人の空襲体験者たち。
あの空襲から74年が経ち、お話が出来る体験者は、当時、子どもだった世代が中心になってしまいました。
そんな今だからこそ、「生きた証」として書き残し、戦争・空襲のことを知らない世代に伝えたい。その想いから、体験者たち自らが中心になって執筆・編集し、1冊の体験記録集が完成しました。
ぜひ、体験者たちの体験と想いを受けとめて、今、「平和」を考えるきっかけにしてください。

編:東京大空襲・戦災資料センター

判型:A5版 276頁

発行:績文堂出版

発行日:2019年3月10日

定価:本体1500円+税

ISBN978-4-88116-050-3


岩波DVDブック Peace Archives 東京・ゲルニカ・重慶-空襲から平和を考える

ヨーロッパ、重慶、東京、日本の空襲・無差別爆撃の実相を詳細に解説し、豊富な資料をもとに紹介したもの

編集:東京大空襲・戦災資料センター
発行:岩波書店
発行年月日:2009年7月16日
定価:4400円+税 販売価格:4700円
ページ:B5版 123P
ISBN:978-4-00-130171-7


ビジュアルブック 第1巻 戦争・空襲への道

編集:東京大空襲・戦災資料センター
発行:新日本出版社
発行年月日:2010年12月25日
定価:2200円+税 販売価格:2300円
ページ:B5版 40P
ISBN:978-4-406-051418-8


ビジュアルブック 第2巻 はじめて米軍機が頭上に

編集:東京大空襲・戦災資料センター
発行:新日本出版社
発行年月日:2011年1月30日
定価:2200円 販売価格:2300円
ページ:B5版 40P
ISBN:978-4-406-05419-5


ビジュアルブック 第3巻 10万人が死んだ炎の夜

編集:東京大空襲・戦災資料センター
発行:新日本出版社
発行年月日:2010年11月20日
定価:2200円 販売価格:2300円
ページ:B5版 40P
ISBN:978-4-406-05407-2


ビジュアルブック 第4巻 焼きつくされた町と人びと

編集:東京大空襲・戦災資料センター
発行:新日本出版社
発行年月日:2011年2月25日
定価:2200円 販売価格:2300円
ページ:B5版 40P
ISBN:978-4-406-05425-6


ビジュアルブック 第5巻 いのちと平和の尊さを

編集:東京大空襲・戦災資料センター
発行:新日本出版社
発行年月日:2011年3月5日
定価:2200円 販売価格:2300円
ページ:B5版 40P
ISBN:978-4-406-05426-3


決定版 東京空襲写真集―アメリカ軍の無差別爆撃による被害記録

警視庁・東方社・日本写真公社が東京空襲の被害を撮影した1400枚の写真を
集大成したもの

編集:東京大空襲・戦災資料センター
発行:勉誠出版
発行年月日:2015年1月20日
定価:12000円+税 販売価格:12000円
ページ:A4版 521P
ISBN:978-4-585-27019-5