開館20周年特別展「東京大空襲・戦災資料センターの開館とそれを支えた人たち」を開催中 ※会期を延長します

みなさまのご支援をいただき、東京大空襲・戦災資料センターは開館20周年を迎えます。心より感謝申し上げます。

5月8日(日)まで特別展「東京大空襲・戦災資料センターの開館とそれを支えた人たち」を開催しておりますので、是非、ご来場ください。大型連休中もご覧いただけるよう会期を延長しました。

場 所 東京大空襲・戦災資料センター 1階・映像講話室

会 期 2022年3月5日(土)~5月8日(日)

入場料 通常の入館料のみでご覧いただけます(現在、コロナ対策として来館は原則予約制です)

東京大空襲・戦災資料センターは、2002年3月9日に開館しました。それ以来20年、当センターは東京空襲を専門とする唯一の常設資料館として、また多くの有志の人びとに支えられる民立民営の資料館として、歩んできました。20周年を迎える今、その歩みの原点である開館前後の様子と、それを支えた人たちを振り返ります。

チラシはコチラから ⇒ 2022.3-4特別展チラシ