よくあるお問い合わせ
ご来館・ご利用について
Q 駐車場はありますか?
A 障がい者用駐車場が1台分あります
大型バスの駐車場がありません。乗降は建物前でできますが、路上停車ができませんので、回送または近隣の公共駐車場の利用をお願いいたします。
木場公園第一駐車場
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access020.html

夢の島公園第一駐車場
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/access042.html

Q 車いすでも見学できますか?
A 入場にはスロープ、館内にエレベーター、障がい者用トイレがあります。
また、車いすを1台常備しています。
Q 会議室は借りられますか?
A 会議室の貸出しはしておりません。
近隣に公共施設があります。(パルシティ江東―男女共同参画推進センター・消費者センター 江東区扇橋3丁目22番2号)
Q 飲食はできますか?
A 1階談話室にて持参した飲み物を飲むことは可能です。自動販売機は館内にはありません。
展示・出版物について
Q センター前の彫刻は何ですか?
A 河野新さん制作の母子像「戦火の下で」です。
この母子像は、江東区の母親たちが戦災の死者たちの追悼のためにモニュメントの建立を思い立った時、河野新さんによって制作されたものです。センター開館にあたってブロンズ像となり、正面に置かれました。抱きしめた幼い命の無事をひたすら願う母の姿に、あの日の自分を重ね合わす人も多いと思います。
Q 「世界の子どもの平和像(東京)」とは何ですか?
A 世界の子どもの平和像は、東京の中・高校生たちが原爆や空襲の被爆体験に学びながら彫刻のプランを公募し、募金を集めて完成させ、2001年5月5日に設置しました。21世紀を核兵器のない時代にと願い、生れいずる未来への希望を卵に託して、子どもの目は過去をひたむきに学ぼうとしています。
Q どんな出版物が購入できますか?
A 館長の早乙女勝元の著作本や研究成果の報告書などをお求めいただけます。詳しくはこちら
活動への参加・組織について
Q 趣旨に賛同して協力したいのですが…
A 資金的には維持会費、維持募金にご協力いただけます。詳しくはこちら
来館者への展示のガイド、体験のお話にもご協力いただけます。詳しくはこちら
Q 政治経済研究所とは?
A 東京大空襲・戦災資料センターは公益財団法人政治経済研究所の付属機関です。
政治経済研究所のホームページはこちらから